医療レーザー脱毛について〜永久脱毛のことなら脱毛研究室〜

永久脱毛のことなら脱毛研究室 > 医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛について

脱毛と言えばレーザーを連想する時代になりました。 レーザー脱毛は黒い物質に吸収される特定の波長を持ったレーザー光によって 毛根の毛を生み出す細胞を破壊する事で永久脱毛を得るものです。

レーザーって何?

レーザーとは、特定の波長の光を集めた光のことです。 自然な光にはいろいろな波長の光が混ざり合っていて人はいろいろな波長の中で可視光の領域にある光を認識することが出来ます。 レーザーは一つの波長の光を集める事でその波長に特有の性質を持たせることが出来ます。

脱毛で使用されるレーザーは目に見えない領域の波長で、主にアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーが使用されています。 ともにメラニン色素のような黒っぽいものに吸収されて熱エネルギーに変換する性質を持っているため、永久脱毛にはもってこいなのです。

永久脱毛の効果を得るためには、毛の元になる細胞に対して十分にその機能を破壊するだけの熱エネルギーを与えなければいけません。 十分に破壊出来なかった場合には、毛は再生されてしまいます。 出力の強さと照射時間などが決め手となるようですが、やけどなどの副作用とのバランスが大切になるところのようです。

そんなこともあってレーザー脱毛は医療機関で行なうものというのが決まりとなっているようで、 医療レーザー脱毛などと呼ばれているのです。

  ›› レーザー脱毛についてもっと詳しく

永久脱毛ならフェミークリニック