人のむだ毛はなぜ少ないのか?〜永久脱毛のことなら脱毛研究室〜

永久脱毛のことなら脱毛研究室 > 人のむだ毛はなぜ少ないのか?

人のむだ毛はなぜ少ないのか?

むだ毛はどうして生えるのか?むだ毛が存在する意味はあるのでしょうか? そして人の毛はどうして頭を除いて少なくなっているのでしょうか? ここでは、むだ毛の役割や機能、むだ毛の進化まで考察していきたいと思います。

私達の属する哺乳類の多くには毛が存在します。正確にはわかりませんが、 クジラなど海に暮らす哺乳類以外では全て生えているといっても良いでしょう。 一方で哺乳類の前身と言われる爬虫類には毛がありません。つまり、体毛は進化の過程で手に入れた大切なツールと考えられます。

体毛は、体温の保持が一番の役割と考えられます。哺乳類は恒温動物ですから、体温を一定に保つ必要があるのですが、 無駄な体温の発散を抑えて体温を維持するためには皮下脂肪や体毛が必要なのです。毛皮のコートって暖かいですよね〜。

服を着なくて寒い日に外で寝ていたら風邪を引くか下手をすれば死んでしまうように、 現在の人間は体脂肪も毛も不足しています。唯一頭だけは保護する為か、残っていますね。それでも保温機能は少なそうです。

こうして見てくると、一つの結論が見えてきます。人はヤドカリのように、 自分の毛よりも優れた保温機能を持つ毛を利用する事にしたのだと。 ヤドカリに殻や毛があったら邪魔なように、人の毛も少ない方が良くなってしまったということかもしれません。

永久脱毛ならフェミークリニック